育児も家事も「書く」ことで楽しくなる

ライターに必要なスキルとスキルアップのために努力していること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ライターMAY
子育てと仕事の両立に悩んだ末、フリーのママライターに転身。大変・辛いと思っていた日々の育児・家事は、ライター目線で見るとネタの宝庫!?子育ても仕事も自分らしくマイペースで。そんなわがままなライフスタイルを叶えてくれるママライターの日常を記録していきます。

こんにちは。2018年の春にそれまで勤務していた会社を退職し、フリーランスのライターとして開業したMAYです。(より詳細な自己紹介はこちらから

先日、高校時代の友人から「ライターに興味があるんだけど、ライティングの仕事って実際どう?」と連絡がありました。彼女は私のブログも読んでくれていたようで、すでにクラウドソーシングに登録してタスク案件にチャレンジしているのだとか。そんな中で「スキルアップのためにどんな努力をしてる?」という質問を投げかけられ、私自身、久しぶりにライティングの仕事と向き合うきっかけになったので、こちらでも書き残しておこうと思います。

こちらのブログを初めて訪問してくださった方へ:「これからライターにチャレンジしたい!という方にまず読んでいただきたい15の記事」

スキルは報酬額に直結する

ライターを始めてみようかなと考える人にとって、一番気になるのはやはり収入ですよね。副業であれ本業であれ、どれくらいの時間を割く必要があり、その結果どの程度の報酬を得られるのか、仕事を始める前に気になるのは当然です。

そこでクラウドソーシングサイトでライティングの仕事を探してみると、単価の低さに驚きます。文字単価0.1円前後(記事単価にすると100円~200円など)の案件もたくさん出てくるので、ライターとして働いてもそこまで稼げないのではないか?と心配になってしまうかもしれません。もちろん高額案件もありますが、特定の分野についての専門知識が必要な場合が多く、初心者はチャレンジできないという印象があります。

そこで必要になるのがスキルアップです。スキルが少ない場合、自分ができる仕事が少なく、単価の低い案件に甘んじてしまいがちです。しかし、スキルアップによって高額案件にチャレンジすることができたり、同じ仕事でも単価アップにつながったりする可能性が出てきます。

ライターにとってのスキルアップとは?

ライターのスキルといっても、その内容はさまざま。具体的にどんなスキルがあり、どうスキルアップすればよいのでしょうか?

技術的なスキル

スキルと聞いてまず思いつくのがこちら。技術的なスキルとして、ライターには大まかに以下の三つのスキルが求められる場合が多いです。

  • タイピング能力
  • SEOの知識
  • 写真撮影の技術

タイピングについては、速ければ速い方が良いというわけではなく、自分がストレスに感じない程度にタイピングできれば良いのかなと思います。ただ、打ち間違いはそのまま文章力に直結するので、気を付けた方が良いでしょう。ちなみに、タイピングのスキルアップに関してはこちらの記事で触れています。→ブラインドタッチは誰でも出来る!?メリットやコツ、練習サイトのまとめ

SEOというのは検索エンジン最適化という意味です。数年前に比べて最近ではライター募集に「SEOの知識」と書かれている案件は少なくなったような気がしますが、やはり多少勉強しておいた方が、求められる記事を書きやすくなるというのはあると思います。こちらは「SEOとは」などでキーワード検索かけて、ネット記事を読み漁れば概要はわかります。

取材やコラム記事を書く場合、写真素材を提供してくださいと言われることがあります。プロのカメラマンのような写真は求められませんが、それでも綺麗な写真を提供すると喜ばれるのも事実です。私はこちらの点に関してはスキル不足なので、これから頑張りたいと思っているところです。

文章力

ライターにとって一番大事とも言えるスキルが文章力。これに関しては、とにかく書く経験を重ねるのが一番ですが、楽にスキルアップできるコツもあります。

  • 構成力
  • 読みやすさ(表現力)
  • 語彙力

文章力というと、文章の流れ(読みやすさ)をイメージしがちですが、実は一番重要なのは構成力です。ここがしっかりしていれば、多少雑な文章でも最後まで読むことができます。逆に構成がなっていない文章は、どんなにうまい表現を使っても、読めたものではありません。文章の構成については、ツイッター仲間のヒキライターさんが分かりやすくまとめてくれているので、こちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。→マインドマップを使って記事を書く?それってどういうこと?

表現力については、「うまい」表現を心がける必要は無し。あえて言うなら「ムラのない」文章を心がけると良いと思います。そのためには書く経験を重ねて自分らしい表現スタイルを見つけていくのが一番ですが、他にもクライアントからもらうマニュアルを徹底したり、他のライターが書いた文章を読んで研究してみたりという方法も有効です。

語彙力は地道にコツコツ。辞書などのツールを使って勉強します。→仕事道具にニューフェイス!ライターにおすすめの類語辞典とリング式手帳

企画力

ライターのスキルとして意外と知られておらず、かつライター募集の要項にもほとんど明記されていないのが企画力です。こちらはライターのスキルというより編集寄りのスキルです。記事のネタ自体を探してきたり、特定のキーワードに対して話をふくらませるために必要な能力ですよね。

「与えられたテーマに沿って編集者の指示通りに書く」と思われがちなライターという職業ですが、「こんな企画を考えてみましたがいかがでしょうか?」と企画提案してみると案外「ぜひぜひ」と歓迎されることが多いのも事実です。企画力を持ち合わせたライターは重宝されるので、私としてはおすすめしたいスキル。この点に関しては、こちらの記事でまとめています。→ライターは書くだけじゃない!?企画提案で仕事の幅がぐんと広がる!

営業力

最後に、仕事を獲得するためにフリーランスなら誰もが必要な営業力。クラウドソーシングのおかげで、インターネット上で簡単に営業することが可能になりましたが、やはりちょっとしたコツはあります。以下の記事で紹介しています。

ライター応募はわかりやすく簡潔に!採用されやすい応募文のワンポイントとは!?

仕事の受注率に差がつく!?クラウドソーシングサイトのプロフィール欄を完成させよう

ライターが継続して仕事を受注するために押さえておきたい3つのポイント

とにかく継続して書いてみる!実践と振り返りが一番のスキルアップ術

ライターのスキルアップについていろいろと書いてみましたが、最終的に行きつくのは「とにかくまずは書いてみる」ということ。書いてみると自分に足りないスキルが見えてきます。実践と振り返りを繰り返すうちに、知らない間にしっかりとスキルアップできていると思いますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライターMAY
子育てと仕事の両立に悩んだ末、フリーのママライターに転身。大変・辛いと思っていた日々の育児・家事は、ライター目線で見るとネタの宝庫!?子育ても仕事も自分らしくマイペースで。そんなわがままなライフスタイルを叶えてくれるママライターの日常を記録していきます。

Comment

  1. アバター メグ より:

    おはようございます。
    ライターに必要なスキル
    本当に必要ですね。(^^)
    繰り返し書く事でスキルアップにつながるのですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママライターのすすめ , 2019 All Rights Reserved.